釣りとか、登山とか、キャンプとか出歩いた記録を駄文と写真で…


by rainbow_trout

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
雑記
キャンプ&フィッシング
釣り
登山
撮影
旅行
自転車
引越し
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

Buy xanax pr..
from Buy generic xa..
抜け毛対策には、まずはそ..
from 抜け毛対策.COM
ワカサギ
from ギョギョギョでうぉっと驚き
ワカサギ釣り@情報市場
from ワカサギ釣り@情報市場

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

カテゴリ:釣り( 22 )

1/30 ワカサギ

毎年恒例のワカサギ釣り。
いつもは仲間だけでやるのだが、今年は僕の会社の同僚も含め、仲間の家族など総勢15人近い大人数での開催となった。風雪を凌ぐために、ワカサギ用テント(と言っても、キャンプ用のタープで十分代用可能)を立てるのだが、これだけの大人数なのでテントを連結して、ご覧のようになったw
f0005785_2194743.jpg


幸いこの日は、天気も良く風もそんなに吹かないので絶好のコンディションで釣りを楽しむことが出来た。僕は初めてワカサギ釣りをする同僚のためにシカケをセットしたり、エサを付け替えたりと、なかなかせわしないが、この釣り場は数釣りが出来ることもあって、みんな早々にワカサギを釣り上げている。だんだんコツを掴んで、どんどんと釣り上げるようになり、一人は初めてのワカサギ釣りなのに見事100匹オーバーを達成。
そんなに水深がないこの釣り場では、このウキ釣りの方が釣果が出るのだ。
f0005785_21175268.jpg


我々のワカサギ釣り、恒例のテンプラ&トン汁のお時間である。
今回は大人数ということで、仲間がこんなバカデカいナベを用意してきたw
f0005785_21192773.jpg


これで美味しくトン汁とワカサギ天丼をいただいた。
f0005785_21202031.jpg


帰りに北菓楼の本店で名物のシュークリームを買って帰宅。
満足の1日でした。
[PR]
by rainbow_trout | 2011-02-16 21:21 | 釣り

9/20 サクラマス

連休を利用して道東を回って釣りをしてきた。
札幌に帰る日に、とある川で最後に釣りをしようと思い、橋の下に車を着け、川の様子を窺うと、川面からしきりに波紋が出ている。f0005785_2043917.jpg


車を降りてよく観察すると…

この赤みがかった魚体は産卵を控えたサクラマス。
f0005785_20443580.jpg

f0005785_2044523.jpg


川での鮭類(サクラマスも該当)の採捕は言うまでも無く犯罪。疑われるようなマネはしたくなかったので、竿は出さずに大人しく撤収。
[PR]
by rainbow_trout | 2010-09-24 20:38 | 釣り

7/17 ヤマメ釣り

日高の渓流にヤマメ釣りに行ってきた。
この時期の北海道は朝3時くらいには、空が白みはじめ、4時になればもう空は明るくなる。
家を3時前に出て、空が段々と明るくなる中を高速を走らせて、6時に現場に到着。この日は雲ひとつ無い快晴で、この時間で既に太陽が燦々と照りつけている。日高は熊の生息密度が濃いのだが、これだけの明るさと、河原が思いのほか開けており、思ったほど熊の脅威は感じないが、それでも用心に越したことは無いので、熊避けの鈴は背中につけて入渓した。
以前は、熊避けのスプレーとナタまで装備していたのだが、ナタは藪漕ぎをするのに酷使してすっかり錆び付いてしまい、スプレーは使用期限が切れたのでお役御免となっていた。処分する際に、山奥で試しに噴射してみたら、エラい勢いでトウガラシの成分が放出された。これならクマにも勝てそうだと思ったが、対戦したくないのが本音…

入渓地点から上下2~300m程を3時間程度かけて丹念に探った結果、程よい型のヤマメが釣れた。やはりこのパーマークに釣り人は魅せられるのだろう…
f0005785_21401527.jpg

f0005785_214033100.jpg


帰りは三石にある道の駅併設の温泉に入り、静内でメシを食って帰宅。
[PR]
by rainbow_trout | 2010-07-19 21:18 | 釣り

1/16 ワカサギ

2010年、年明けの恒例行事?のワカサギ釣りに行ってきました。
いつものように釣って、
f0005785_1801642.jpg

天丼にして食って、
f0005785_1803514.jpg

暖かい豚汁も
f0005785_181043.jpg


帰りは美唄にある温泉で冷えた体を温めて帰宅。
[PR]
by rainbow_trout | 2010-01-17 20:56 | 釣り

10/18 十勝へ

そろそろ今年の渓流シーズンが終了になりそうな予感がしたので、釣り収めの意味も込めて十勝方面へ行ってきた。特にココと決めた川は無いが、車から簡単に入渓できそうな場所をいくつか目星をつけてピンポイントで狙うことにして、深夜、札幌を出発。
4時に最初のポイントへ到着したが、まだ夜明け前で外気も2度という寒さ…
シートを倒して、しばし仮眠を取ることに。
6時に目が覚めると、外は明るくなっていたが気温は3度と相変わらずの寒さ。気合を入れて上着を着込んで外へ出る。急いでウェーダーを履いて準備をして入渓。
去年、大物のオショロコマを釣り上げたポイントのプールは、わずか1年で形を変えてチャラ瀬となっていた。護岸がされていない川は、春先の雪解け水や秋の台風による大雨で頻繁に姿を変えることは珍しくないようだ。
この時期は山親父が冬篭りを前にして食いだめの時期に入る頃なので、あまり奥まで入らないようにして、せいぜい100mくらいで引き返すようにして、いくつかの渓流を回ってきた。

大きさはそれほどでもなかったが、それでも元気のいいニジマスが遊んでくれた。
f0005785_18105028.jpg

f0005785_18111348.jpg
[PR]
by rainbow_trout | 2008-10-22 21:54 | 釣り

9/20 リベンジ?

8月に知床にキャンプに行く途中で、食材の魚を釣るためにとある渓流に入ったのだが、そこでかなりの大物を釣り損ねていた。なので、ちょっとリベンジのため、再びその渓流へ向かった。

前回は仲間数人と入渓したから大して気にしていなかったが、この地域(山域)は羆の宝庫だ。今回は単独行なので、かなり緊張してる。熊鈴をつけて常に鈴を鳴らしながら川岸を釣り上る。この日は見事な快晴であり、熊は日の出てる日中は寝ぐらで休んでるとは言うが、やはり落ち着かない。そして前回釣り損ねたポイントに到着。1か月以上前に逃がした魚が未だに同じポイントにいる保証は全くないが、それでもここは落ち込みのすぐ後がプール状になってる最高のポイントなので、狙うべきだと思ってた。

まず様子を探るべく、スピナーを落ち込みの上流に投入して、底に沈めるようにしてからリーリング開始。といきなりルアーを引っ手繰られる様な強烈なアタリが来た。前回逃した大物と同じかどうかは分からないが、それでも大物には間違いない。釣り雑誌とかの文章なら、ここから釣り上げるまでの内容がかなり克明に書かれているのだろうけど、何せ文才が全くないから、結論からいうと60cmのイワナを釣り上げることが出来た。
f0005785_261563.jpg

f0005785_265818.jpg

反対側の顔の模様がちょっと変わっていた。
f0005785_275349.jpg

撮影後は、敬意を込めてリリース。
f0005785_283198.jpg

無事、泳いで流れに戻っていった。

もっと釣り上がって行っても良かったのだが、目標を達成したのと、さすがにクマが怖いので早々と撤収。その後は、車で移動しながら良さ気なところに入渓して、ニジマスと戯れて納竿。
f0005785_2114174.jpg


帰りに帯広のクランベリーに寄ってスイートポテトを購入して帰宅。
f0005785_2134312.jpg


久々に満足のいく釣りが出来た。
[PR]
by rainbow_trout | 2008-09-24 20:46 | 釣り

5/24 道北

いつも行く道北のダム湖。
年々サイズが小さくなってきてる…
でも通ってしまうのは10年前に釣った65cmが忘れられないからなのか…
この日は30cmに満たないサイズばかりであった。
f0005785_2163370.jpg

[PR]
by rainbow_trout | 2008-05-28 21:02 | 釣り

5/17 浮かんでみる

4/27に行って、竿を振り回してきたダム湖にフローターを出して浮かんできた。

風もないダム湖に一人浮かぶと何とも言えない寂寥感が湧いてくる。
f0005785_211576.jpg

f0005785_2112435.jpg


釣果としてはまぁまぁ
f0005785_2121552.jpg

f0005785_212268.jpg
[PR]
by rainbow_trout | 2008-05-21 20:57 | 釣り

4/27 竿を振りに行く

生憎の雨模様であったが、無性に竿を振りたくなったので、車を小一時間ばかり走らせてきた。時間にして1時間程度であったが、2匹釣れたので、まぁヨシとしよう。
f0005785_21564472.jpg

f0005785_21565941.jpg
[PR]
by rainbow_trout | 2008-04-27 22:53 | 釣り

7/16 十勝へ…

ボクが住んでる札幌と、道東の十勝地方は距離にしておよそ200km
車で行くとだいたい4時間はかかる。
現在、札幌と帯広を結ぶ道路は、国道274号線が走っており、石狩方面と道東方面を結ぶ大動脈である。そしてこの道路、北海道の背骨と言われる日高山脈を越える日勝峠を超えるのだが、この峠がなかなかのクセモノである。
道路の改良工事によって、多少事情が良くなったとは言え、狭いトンネルと多くのカーブがまだまだ健在である。そして、これらの道を走りながら、多くの大型車両とすれ違うのはなかなか神経を使う。夏場はまだいいとして、これが冬になると更に神経を尖らせる必要がある。寒さによる路面の凍結と、雪による視界不良である。
トラックの運転手も冬場の日勝峠は避ける人が多いみたいだ。
ボクも今年の2月に出かけたときはこの峠は避けて、日高方面から天馬街道を抜けた。
ただ、そんな道路事情も、今年の10月に変わりそうである。
道東自動車道の十勝清水-トマムルートの開通である。このルートの開通で、日勝峠を越えずに十勝方面へいけるからである。
自然豊かな日高山脈に道路を建設することの是非はここでは書かないけど、将来的に残りのトマム⇔夕張が開通して、道東自走車道が全通すれば、物流・観光なのでかなりのメリットが得られると思う。

まぁ、前フリが長すぎたけど、ボクは釣りでよく十勝方面を訪れるので、アクセスの時間が短くなれば、それはそれで嬉しいことである。

で、この日は、十勝の源流部まで分け入って、30cmを超えるオショロコマを釣り上げる事ができた。
f0005785_21252854.jpg

f0005785_21255064.jpg

[PR]
by rainbow_trout | 2007-07-20 21:12 | 釣り