釣りとか、登山とか、キャンプとか出歩いた記録を駄文と写真で…


by rainbow_trout

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ

全体
雑記
キャンプ&フィッシング
釣り
登山
撮影
旅行
自転車
引越し
未分類

以前の記事

2011年 10月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 04月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 01月

お気に入りブログ

メモ帳

最新のトラックバック

Buy xanax pr..
from Buy generic xa..
抜け毛対策には、まずはそ..
from 抜け毛対策.COM
ワカサギ
from ギョギョギョでうぉっと驚き
ワカサギ釣り@情報市場
from ワカサギ釣り@情報市場

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

<   2011年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

12/30 帰宅

いよいよ最終日。

この日の予定は
①8時発の函館発長万部行き
②12時発の長万部発小樽行き
③15時半発の小樽発の快速エアポートで新札幌

7時前に起床して、出発の準備を整えて7時半にホテルをチェックアウト。函館駅までは5分程度で到着。売店で朝食・飲み物などを仕入れ、精算窓口で昨日運休になったリゾートしらかみの指定券を払い戻して、長万部行きの各駅停車のホームへ。列車はまだ来ていないが、ホームには乗車待ちの人がチラホラと。長万部までの3時間、座席を確保できないのは辛いので前の人に続いて並ぶ。暫し待って列車が到着。何とか座席を確保できた。北海道の各駅停車は殆どが単行(1両編成)で、この列車もやはり単行であったが、出発時刻が近づくにつれ、どんどんと乗客が乗り込んできた。みんなスキーやボードを抱えているので、恐らく大沼や仁山あたりのスキー場に行くものと思われる。

長万部行き普通列車
f0005785_2251344.jpg


ホームからは函館山が見える
f0005785_22515420.jpg


満員の乗客を乗せて定刻どおりに出発。途中の五稜郭などからもスキー・ボードの客が大挙乗り込んで、「超」がつく満員状態である。ただ、予想通り仁山や大沼でこれらのスキー客は下車して、車内はようやく落ち着いた感じになった。
途中の森駅でなんと30分近い停車。せっかくなので改札を抜けて、森駅名物のいかめしを売店で購入。見慣れた道南の風景を眺めつつ、定刻通り長万部に到着。向かいのホームに小樽行きの普通列車が停車していたので待つことにする。10分程度でドアが開いて、今度も無事座席を確保できた。

小樽行き普通列車
f0005785_2302798.jpg

f0005785_2304738.jpg


小樽行きも定刻どおり発車。今度は2両編成での運行なので、車内はそれほどの混雑ではない。函館は晴れていたのだが、長万部辺りから段々と曇り始め、車窓もどんよりとした風景で、羊蹄山なども雲に覆われて見る事ができなかった。終点の小樽近づくと、今度は雪が降り始めてきた。ただ、さすがは北海道の車両と言うか、けっこうな大雪であったが、定刻どおり小樽に到着。次に乗る快速エアポートも向かいのホームに停車していた。ホテルを出てからここまで、一回も階段を使ってないことになるw
快速エアポートも難なく座席を確保。40分程度で新札幌に到着。長かった列車の旅もこれにて終了である。長万部辺りからどうも喉の具合が芳しくなく、バスを待つのもだるかったので、タクシーにて6日ぶりの我が家へ帰宅。車にさほど雪が積もってなかったので、不在の間に大して雪は降らなかったようだ。

今回の旅で、乗りたかった只見線とリゾートしらかみが、いずれも乗れなかったので春にでも時間が取れたら再チャレンジしてみようと思う。
[PR]
by rainbow_trout | 2011-01-15 23:15 | 旅行

12/29 笑うしかない

この日の予定

①朝7時の花輪線で大館
②奥羽本線を秋田まで戻る
③2時間程度空き時間があるので、秋田駅そばの温泉でまったり
④秋田発の「リゾートしらかみ号」で青森
⑤「スーパー白鳥」で函館着(22時)

前日の天気予報で強風を伴う荒天との事だったので、ダイヤの大幅な乱れを考慮して早めに動くことにして、始発(5:22発)の大曲行きの田沢湖線で出発することにした。
f0005785_21243786.jpg

f0005785_21252587.jpg

途中の田沢湖駅で、話題のクニマスの絵が…
f0005785_21263828.jpg

田沢湖線は強風の影響もなく時刻通りに大曲に到着。僅かの待ち合わせ時間で秋田行きの快速に乗車。ここも強風の影響はなく、8時前に秋田に到着。秋田からは「リゾートしらかみ号」乗車だが、僕が乗る予定のは14時発の便。しかし、しらかみ号は8時半発の便もあり、そちらに乗車変更をして、早めに青森に到着するようにしたのだ。
f0005785_2135047.jpg

f0005785_21353929.jpg

リゾートしらかみは全部で3種類の車両があって、今回乗ったのは、くまげら編成。
f0005785_213756.jpg

これ以外だと、青池編成・橅(ぶな)編成があるらしい。

車内は窓も大きく作られて快適。座席も特急列車並みの設備で、これで指定席料金だけで乗れるのだから非常にオトクな列車と言えよう。列車は定刻どおり発車。最初の停車駅の追分までは順調に進んでいたが、追分を発車するといきなり速度を落として、やがて停車。車内放送で、この先強風のため安全確認を行っているとの事。暫くすると動き出したが、この後、何度も安全確認のため徐行と停車を繰り返して、東能代には1時間以上遅れて到着するとの放送があり、しかもこの列車がこの先通る五能線(能代~鰺ヶ沢)は強風のため運転見合わせとなり、この列車も東能代で運転打ち切りが決定。バスによる代行輸送との事となった。代行バスは途中の鰺ヶ沢までで、そこから先は”今のところ”運行してる五能線に乗換えとの事だが、時間も読めないし、2日連続のバスはちょっとご勘弁願いたいので、後続の奥羽本線経由の特急つがるで青森まで行く事にした。3510円の出費は痛いが、2時間程車窓を眺めながらの快適な旅が出来たのでよしとしよう。
青森には13時前に到着。とりあえず青森までは辿り着けたので、後は函館行きの白鳥に乗れば1本で北海道上陸できるので、多少は気が楽になった。この後の予定は特に決めていなかったが、気分的に早く北海道に渡りたかったので、この後すぐに来るスーパー白鳥に乗ることにしてホームに向かったが、すっごい行列… しかも青森は始発駅ではなく、手前の新青森が始発なのでこの時点で席に座れそうなどと言う甘い考えは捨てていた。案の定、デッキにも人が溢れる状況で白鳥はやってきた。それでもドア付近の景色を眺めることが出来るデッキを確保できたので良かったという事にした。
途中の青函トンネルは何度も通っていることもあり、特に何の感慨も無く通過して北海道上陸。雪景色も会津若松からずっと見てた光景なので、こちらも特に感慨もなかった。こうして2時間ほどで函館到着。
f0005785_22102390.jpg

時間はまだ15時だったが、さっさとホテルにチェックインして、遅めの昼食をラッキーピエロで買った。

洗濯をしたり、TVや本を見たり、パソコンを操作したりと気がついたら9時近くになっていた。天気予報は特に警報や注意報も出ておらず、最終日にしてようやく予定通りの行程が消化できそうである。明日は8時の列車なのでいつもよりはゆっくり出来そうだ。
[PR]
by rainbow_trout | 2011-01-11 22:17 | 旅行

12/28 狂う予定

この日の予定
①始発の磐越西線で新潟
②「快速べにばな」で白新線・羽越線経由で坂町から米坂線で米沢
③奥羽本線で山形
④仙山線で仙台
⑤仙台駅で牛タンでも
⑥東北本線で盛岡

①の磐越西線が27日に会津若松到着時点で何とか運転再開してたが、雪はずっと降っており、この日運転するかは不安だったので、早めに起床して交通情報をチェックしたところ、運休情報はないので、どうやら運転はしてるみたい。ホテルをチェックアウトして、コンビニで朝食を仕入れて会津若松駅へ。今度は明るいときに来てみよう…
f0005785_23533556.jpg

本日最初に乗車の磐越西線・新潟行き
f0005785_23542848.jpg

f0005785_23551296.jpg


とりあえず定刻どおりに発車。喜多方までは順調に走行していたものの、次の山都駅でいきなり対向列車が遅れてるとの事で15分待ち。早くも新潟からの乗り換えに暗雲が…
予定では新潟着が8:16で乗り換えの新潟発が8:39だから15分遅れでもまだ8分の余裕があると思っていたが、積雪の影響で速度を落としての運転との事で、どんどん遅れていく列車…
車窓の景色を堪能する余裕はなく、時刻表を見ながら乗り換え列車を探しまくる。②の米坂線はタダでさえ1日の運行本数が少ないので、この時点で米坂線を使う選択肢は消滅。残るプランとしては
①上越新幹線で大宮-東北新幹線で盛岡
②羽越線で秋田-秋田新幹線で盛岡
③羽越線で余目-陸羽東線で新庄-陸羽西線で小牛田-東北本線で盛岡
④今乗ってる磐越西線を逆戻りで会津若松・郡山-東北本線で盛岡
とりあえず、こんな感じで思いついたが、①は交通費が2万の出費になるのでパス。②③はともに乗り換えの待ち合わせ時間が長すぎるので狙いを下げた。④はどの程度の遅れになるのか想像がつかない路線をもう一度乗るのはちょっと不安なので気乗りしない。
色々と思案を巡らせてるうちに、やっと新津に到着。この時点で既に8時半を超えており、新津-新潟は20分近くかかるので、いよいよ当初の計画が現実的にダメになり、代替案を考えなければならなくなった。ここで鉄道以外の交通機関を考えてみた。都市間高速バスがあることを思い出した。新潟ならそれなりの大都市なので、各方面にバスは出ているはずである。さすがに盛岡行きはないだろうが、仙台や福島行きならあるかも知れない。時刻表の高速バスのページをめくると、ありました。新潟-仙台便!しかも時間は10:15発なのでそんなに待たないで乗れそう。
遅れに遅れた新潟行きの各駅停車は30分以上遅れて、9時に到着。急いでみどりの窓口へ行って、仙台行きの高速バスを予約。空席アリで一安心。料金も4500円なので、まぁ許容範囲。駅前のマクドナルドで一息入れつつバスを待つ。

時間が来たので新潟駅前のバス乗り場へ…
f0005785_0324759.jpg


仙台行きの便は1日5~6便もあり、乗車率がいいようで車内は8~9割の乗客で埋まっていた。幸い?僕の隣は誰も座ることなく、リラックスして乗ることが出来た。
新潟から磐越道経由で東北自動車道で仙台までは凡そ4時間程度。早起きのせいもありウトウトとして、そのまま寝てしまった。気がつくと休憩の西会津PAだった。
西会津PAを出発するとしばらくして左手に磐梯山が見えてきた。
f0005785_1234219.jpg

磐梯山と分かれて暫くすると、郡山JCTから東北自動車道に入り、今度は安達太良山が見えてきた。
f0005785_125183.jpg


そうこうしてるうちに、定刻よりやや遅れて仙台駅到着。
仙台からは各駅停車に乗ろうと思ってホームに行ったが、案の定ロングシートの車両であったため、急に乗車しようと言う意欲が削がれてしまい、ホームを後にして、新幹線乗り場に向かった。一ノ関まで新幹線でワープすることにした。各駅停車だと1時間40分かかるところを新幹線では40分。1時間の短縮を3410円と引き換えにした。さすがに盛岡まで新幹線だと味気がないので、最後くらいはロングシートの各駅停車で盛岡に向かうことにした。
f0005785_137010.jpg


1時間半ほどロングシートに揺られて、やっぱり盛岡まで新幹線で行けば良かったかなと、多少の後悔を残しつつ盛岡に到着。ホテルにチェックインしてTVをつけたら、翌日の東北地方の天気が強風を伴う大荒れとの事で、早くも憂鬱になってきた。明日の行程も予定通りに進まないのかと不安を抱え、この日もさっさと就寝した。

PS.夕飯のために入った店で読んだスポーツ新聞が、狙ったかのような紙面構成…
f0005785_22192320.jpg
[PR]
by rainbow_trout | 2011-01-09 01:41 | 旅行

12/27 予定は未定…

この日の計画していたスケジュール
①蒲田の知人宅を5時過ぎ出発して蒲田駅から京浜東北線で上野へ
②6時過ぎの高崎線で高崎へ
③以下、高崎-水上-小出
④小出から只見線で会津若松へ

んで前日、知人宅で飲みながらTVを見てると、会津地方の大雪のニュースが。JRも止まってるとの情報があり、慌てて交通情報を見ると只見線が終日運休で、26日の時点で27日も運休が決定済み。と言うわけで、予定していたスケジュールは全てキャンセル。とりあえず27日の予定は27日になってから決めようと言うことで、酒をしこたま飲んで就寝。で、27日。知人の出勤時刻に併せて、8時頃、知人宅を出る。有楽町で知人と別れて、とりあえず上野駅へ。
ロッカーに荷物を預けて、マクドナルドで作戦会議。候補になったルートは
①東北本線で郡山⇒磐越西線で会津若松
②常磐線で水戸⇒水郡線で郡山⇒磐越西線で会津若松
③常磐線でいわき⇒磐越東線で郡山⇒磐越西線で会津若松
④東武線・会津鉄道を乗り継いで会津若松

④は、今回使用してる東日本・北海道パスだと、JRでないため適用外で余分な出費があるのと、山間部を通る事で大雪の影響が考えられるのでパス。
②③は、ともに乗り換えの待ち時間が長いので狙いを下げた。
残るは①の東北線だが、殆どの列車が宇都宮止まりで、そこから黒磯行きに乗り換えて、更に郡山行き、そして会津若松行きと、乗り換え回数が多い。できれば乗り換えの回数は減らしたい。時刻表を調べると13:20に上野から黒磯行きがある。これなら乗り換えの回数を減らせるし、後続列車の接続も丁度いいので、この列車で行くことに決定。

f0005785_19384176.jpg

せっかくなので2階建てグリーン車に乗ってみました。黒磯までの3時間を950円なので、まぁお手頃かなと…
さて、黒磯からはテンションが一気に下がる行程となります。というのも、東北線の黒磯~青森間(盛岡-青森間の第三セクター含む)の列車は、ほぼ90%が都会の通勤電車で使われてるロングシートの車両だからです。窓を背にして座るため、車窓を満喫なんて事は不可能です。おまけに、乗り心地もいまひとつで、2両編成で運転される事が多いので、結構な確率で車内が満員となります。こんなんでは旅情もへったくれもありません。
…などといった悪評が多いこの路線でしたが、噂に違わず2両編成のロングシートで満員電車でした。1時間のガマンだと言い聞かせて、郡山まで心を無にして乗車しました。
さて、郡山に到着。あたりは雪が結構激しく降ってます。乗り換えの磐越西線はついさっきまで運転見合わせだったらしかったです。とりあえず会津若松行きを待ってると、屋根の上にハンパない雪を乗せた列車が…
f0005785_19505488.jpg


北海道もこれくらいの積雪はありますが、屋根の上にこんなに積もることはありません。恐らく雪質の違いかなと思います。北海道は乾雪で軽いため、走行時の風圧で屋根の上の雪は自然と吹き飛ばされてしまうのでしょうが、本州の雪は湿雪で重いので、吹き飛ばされること無く残ったままなのかと思われます。
とりあえず会津若松行きに乗車して発車しましたが、途中の磐梯熱海で対向列車が雪で遅れており20分近く足止め。結局会津若松には予定の30分遅れで到着。雪がハンパなく降り続いています。明日以降の予定に不安を残しつつ、早めに床に就きます。
[PR]
by rainbow_trout | 2011-01-02 19:58 | 旅行

12/26 東京湾フェリー

この日は5時前に起床。親を起こさないように、こっそり準備をして出かけます。
まずは東横線で横浜まで向かいます。横浜からは京浜急行に乗り換えて、京急久里浜駅へ。久里浜駅からはバスに乗車。10分程度で目的地へ。
f0005785_1654777.jpg

f0005785_16542632.jpg

東京湾フェリーで、久里浜から対岸の金谷まで渡ります。優雅なサンライズクルージングだなぁ、などとこの時点はお気楽な事を考えていました。
さて出航です。おお、揺れる揺れる…
f0005785_16574724.jpg

f0005785_1658369.jpg

波が物凄いです。真冬のベーリング海のカニ漁船団かと思うくらいで、クルージング気分なんてすっ飛びましたw

40分程度で対岸の金谷に無事?到着。ただ、40分揺られっぱなしですっかり体調が悪化。この後の予定としては、外房線をぐるりと回る予定だったのだが、明日以降の長旅を考えて、内房線でさっさと都内に戻ることにする。東京行きの各駅停車がやってきた。
f0005785_1751230.jpg

あれ?これ特急じゃないの?と思ったら君津までは各駅停車らしい。ラッキーw
現金なもので、特急に乗れてすっかり体調も元に戻りました。君津で千葉行きの各駅停車に乗り換えます。そして千葉からは総武線で錦糸町まで。錦糸町からは東京スカイツリーが見えた。
f0005785_179365.jpg

この日は有馬記念があったので、WINS錦糸町で馬券を購入。昔、千葉(市川)に住んでた頃はしょっちゅう利用していたWINSです。ああ懐かしい…
馬券は、ブエナビスタから3歳馬5頭への3連複にしました。
f0005785_17154664.jpg


WINSで1時間ほど滞在してお腹が減ってきたので昼食を取った後、総武線で秋葉原に移動です。この街は来るたびに姿を変えていくのが印象的です。札幌に引き上げた12年前と比べると全てが変わった感じです。ここでパーツ屋巡りをします。札幌にもパーツ屋はあるけど、ありきたりな物しか置いてないので、品揃えは秋葉原に比べるといまひとつです。2時間ほどパーツ屋巡りをして、いい加減疲れてきたので、コーヒーショップで休憩です。ついでにワンセグで有馬記念観戦も。トゥザグローリーのおかげで万馬券キター!!!!

WINS後楽園で払い戻しを済ませて実家に戻り、知人と会うために蒲田へ。翌日の移動も考慮してこの日は知人宅で一晩お世話になることに。
[PR]
by rainbow_trout | 2011-01-01 19:07 | 旅行

12/25 江ノ電

2011年が明けました。
大晦日は風邪で体調を崩していたので、21時には早々に布団に潜り込んでましたorz

年末は仕事納めが24日だったので、25日からちょこっと旅に出てました。まず飛行機で東京に出てからJRの各駅停車を乗り継いで札幌まで帰ってくるプランです。今回使用したのは北海道&東日本パスという、分かりやすく言うと青春18きっぷのJR東日本とJR北海道限定版と言ったところですが、青春18には無い色々とオトクな点もあります。

さて25日、8:45発のスカイマークで羽田に向かいます。10:15に何事も無く羽田に到着。荷物を受け取った後、まず川崎に向かいます。川崎駅のコインロッカーに荷物を預けて身軽になったら駅前の餃子の王将で昼飯です。噂の王将とはどんな味なのかを確かめてみたかったのです。だけど、注文で欲をかいてしまい失敗。中華ランチセット(だったかな?)というのを注文したのだが、これがチャーハン、ギョーザ、鳥のから揚げ、スープ、キムチという、なかなかに押しの強いメニューばかり。それぞれに味はいいのだが、やはり白飯にすべきだった…

昼食の後、駅ビル4FにあるJiNSという眼鏡屋に。会社でかけてるメガネが壊れかかってきたのもあって、とりあえず安いのでいいやと言う感じで探したらこのチェーン店が。品揃えも悪くなく、気がついたら2つ買ってましたw

川崎の用事を済ませたら、東海道線で藤沢まで移動します。藤沢からは江ノ島電鉄で観光です。
f0005785_16312264.jpg

まずは腰越駅で下車。海岸に向かいます。3,4分歩くと江ノ島が見えてきました。
f0005785_16323720.jpg


引き続いて鎌倉高校前へ。ここは駅の目の前に湘南の海岸が広がっており、なかなか風光明媚な場所。
f0005785_16404723.jpg

f0005785_16413321.jpg

f0005785_1642280.jpg

ここからも江ノ島は見えます。
f0005785_16423348.jpg

このアングルはドラマなんかで使われてるらしいですが、ドラマの類は見ない人間なもので…
f0005785_16452215.jpg


この後、江ノ島駅周辺を散策してるうちに時間切れ。鎌倉に移動して、横須賀線で横浜へ。京浜東北線に乗り換えて川崎駅で下車。注文していたメガネを受け取って、ロッカーから荷物を出してから実家に向かいました。
[PR]
by rainbow_trout | 2011-01-01 16:48 | 旅行